スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Magnet38」更新しました

やっと!

やっとこさ更新でございますよ!




いやーもうほんっと申し訳ない。前回から半年も間が空いちまってるじゃないですか!
おーまいがっ!
挙句、何だか辛気臭い内容になっちまったような、そうでもないのような。
今回は「ジェニーちゃん自爆の巻」と「ミシェ子さんご乱心」の二本立てとなりましたけども。
ジェニちゃん、やらかしちゃったねえ。うまいことポール君を操れるつもりでいたんだろうけど、彼も本心に気付いちゃったからには、とうとうこんな結末になっちゃった。
本当はポール君に「もう無理!」って言わせるのはもう少し先の予定だったんですけど、うまい具合にジェニちゃんが自爆しちゃったんで、これが潮時かな、と。
彼女は決して悪い子ではないと思ってます。むしろ、人に可愛がられて愛されるタイプのお嬢さんじゃないのかな。
作者自身はちょっと苦手な部分のある女の子として描いてますが。でもちょっとかわいそうなことをしてしまいましたかね。
自分が優位に立ちたいというか、外堀を埋めて安心しておきたいタイプなのよね。
ポール君の気持ちが完全に彼女に向いていたら、とてもお似合いのカップルだったんじゃないのかなーと思います。うん。


んで、ポール君の事務所での事務作業は、ワタクシの実体験からです。
飲食業に勤めてるとは言え、メニューやお知らせ等の制作・印刷、データの打ち込みや発注作業など、意外と事務作業も多いんですよ。特に発注はバイト君でも必須。
大手ならパソコン作業専門要員がいるんだろうけど、個人経営の店だと、そこの店長だけじゃなくて、バイト君たちにもそういう仕事が割り振らるのが現状。
ポール君パソコンは得意みたいだし、オーナーのデュボア夫人からの信頼も厚いので、頼りにされてるんでしょうね。



そしてラブラブ♥ファイヤーにこんがり焼かれて帰ってきたミシェ子さんですが。
ミゲル兄さんに夢中で、ベチ子さんとラム子さんとの約束すっぽかしたようですw
話の中で「ラムカちゃんちのコーヒーはマズイ」って描写がありましたが、彼女は幼稚園をクビになっちゃって、食費をカツカツに切り詰める必要があったので、ファミリーサイズのお徳用パックみたいなw、飲みきれないうちに酸化しちゃってそりゃ美味しくなくなるわな、みたいなw、そんなコーヒーしか買えないのでした。
美味しいコーヒーもらいに、ショーンさんちにもっと遊びに行けばいーのにーw


あと今回はもうほんっとにタイトル付けが難産でして、大変に苦しみましたw
「Teardrop」にしようかなとも思ってたんだけど、涙は「ミツバチの涙」で一度使ってるし、もう「真実と嘘」くらいしか思いつかなくて、それにしようと思ったんですけど、ミシェ子さんの部分にも通じるタイトルのほうがいいよなーと思って「決心」という感じの言葉に決めました。ミゲルにーさんが決心してくれた、という内容だしね。
ポール君の決心と言うのは、ちゃんと彼女にサヨナラを告げることだったと思うんだけど、微妙にマッチしてない気がしちゃうのような、そうでもないのような。
ま、いっか。


そして今回、ポール君とジェニたんのブレイク・アップの場面を書いていた時に、Adeleの「Set Fire to the Rain」という曲が頭の中ぐるぐるしてました。
厳密に言うと、Boyce Avenueという人たちのカヴァーのほうなんだけど。

それともう1曲、日本のアーティストなんだけど、COMA-CHIという女の子の「sayonara」という曲、コチラも同じく頭の中ぐるぐるしてまして。
どちらも切ない曲なんだけど、大好きな曲なんですよ。



本家Adeleよりもこのカヴァーのほうが好きなんですよね。とてもいい声です。



    ↑
雨に火をつけるの、というタイトルからしてすでに悲しいというか。
歌詞が気になった方は、和訳サイトさん等で探してみてくださいね。
なかなかジェニちゃんの心境にピッタリなんじゃないでしょうか。

このカヴァーはワタクシの別宅である「Simply Beautiful」という萌えブログでも紹介している、イタリア発の「G&T」というゲイドラマで使われていて、この曲が使用されてるシーンがとても好きなんですよね。
Adeleらしい悲しいメロディがそのシーンをよりドラマティックにしてくれてて。
ワタクシの脳内でもこれをバックにジェニたんが「うえーん゚゚(゚´Д`゚)゚」っと号泣しておりましたw




コチラはCOMA-CHIちゃんの「sayonara」。



    ↑
ホントはDJ Watarai Remixがいつも聴いてる大好きなバージョンなんですけど、つべに置いてありませんでした。残念。
「♪あなたの姿がどこかへ遠ざかって行くよ サヨナラ サヨナラ サヨナラ サヨナラ♪」っていう部分がぐるぐるすんのよね。
「またどこかで会えるといいね」という歌詞の状況にジェニちゃんがなれるには、もっと時間かかりそうだけどね。




こんな感じでポール君はとうとうジェニちゃんに別れを告げてしまいましたが、肝心のベチ子さんとはこの先どうなっていくのやら。
ラブ♥ボケなミシェ子さんはもうこの際ほっとこうぜw




次回はなるべく早くお出し出来るように精進いたします。
ま、書く書く詐欺常習犯の言う言葉ですからあまりあてになさらず、マッタリとお待ちくださいまし。





関連記事
スポンサーサイト
Category: Notes

Magnet 38. 「Make up your mind - 決心 -」




pin-magnet38.jpg




ミッドタウン・ノース Café Dubois (カフェ・デュボア) 8:20 p.m.


カフェがその日の営業を終えて数分が経っていた。
彼は一足先に店から奥の事務所に引っ込み、ひとり、コンピューターの画面とにらめっこをしていた。
手元の紙を見てコンピューターに何かを打ち込んでは、時々、うーん、と声をあげて考え込むことを繰り返している。
オーナーであるデュボア夫人はもうすでに帰宅しており、あとは店の閉店作業を済ませた仲間から「終了した」という報告をもらい、今やっている仕事を済ませれば、彼自身も帰宅の途に就くことが出来るのだ。
1分でも早くそう出来るよう、尽力しているつもりだった。彼女が事務所のドアを開ける、その時までは。

「終わったわよ、ポール」
「Oh , Thanks , ジェニー」
「……」

ありがとう、とだけ言って、すぐに彼がコンピューターの画面に視線を戻す。そんな彼に何か言いたそうな顔を向け、ジェニーは入り口のドアを閉めた。

「……まだかかる?」
「うん……そうだね」
「ちょっと話せない?」
「今?」
「Oh , No no , 終わってからでいいの。続けて」
「……OK」

彼女は近くの椅子に座ってiPhoneをいじり始めた。正直言って気が散るし、カフェでベティと過ごした夜以来、ジェニーと二人きりになるのは居心地が悪かった。
けれど、1分でも早く仕事を片付けてしまいたかったし、『そこに居られると気が散るよ』だとか『帰ってくれない?』などと言うつもりもなかったから、黙ってそのまま仕事を続けた。
今ここで、争いの火種をわざわざ蒔くことはない。そしてその判断は賢明だったと言えるだろう。思いの外サクサクと仕事が進み、あと30分はかかるだろうと思っていたのが、15分も経った頃には終えることが出来たのだから。
コンピューターの画面から顔を上げてジェニーの方を見ると、彼女はiPhoneに何やら文字を打ち込んでいる。いつものように、友達とチャットでもしているのだろう。

「Uum……終わったけど……」
「―――お腹空いちゃった!何か食べに行こうよ」
「What ?」

勢いよくジェニーに腕を引っ張られ、断るタイミングを逸した彼は、素直にジェニーに付いていくことにした。何しろ彼自身も空腹で目が回りそうだったし、断ることで起こる彼女との気まずい会話に費やすエネルギーも、もうない。
ジェニーは彼をカフェから歩いて2分くらいの場所にあるレストランに連れて行った。何度か一緒に来たことがある店だ。
彼自身は特にその店が好きなわけではなかったが、それと同じくらい、嫌いなわけでもなかった。カフェから歩いてすぐの場所にあるから、時たま利用する。そんな店だった。
お気に入りの席があるわけでもなかったから、店員が案内した席に素直に腰を下ろした。
メニューに目を通してグラスに注がれた水をひと口飲み、乾いた口の中を潤していると、目の前のジェニーが突然「Oh my God !」と声を上げた。
見れば、近くのテーブルにいた、少し上の年代のカップルがジェニーに手を振っている。ジェニーはそのカップルの席へと行って2人とハグをすると、ポールの腕を引っ張って彼をそこへ連れて行った。

「ポール、兄のジェフと奥さんのルーシーよ。ジェフ、ルーシー、こちらポール」
「Oh ! Hi !」
「Hi !」
「はじめましてポール」
「はじめまして」

ポールとジェニーの2人は、彼女の兄夫婦に誘われ、彼らのテーブルに移ることになった。
ジェニーと2人きりで過ごすのは少し気が重かったから、それに救われたような思いもしたが、何の心の準備もないまま、彼女の家族と会って食事の席を共にするなど、今の彼にとっては負担でしかなかった。
兄夫婦だから比較的気楽に過ごしていられるものの、これが彼女の両親だったとしたら、そう思いついて、彼は心の中で身震いした。
ガールフレンドの両親に会うという経験が無いわけではなかったし、それで嫌な思いをしたこともなかったが、ジェニーに対して後ろめたい気持ちがあるからなのか、彼女の両親を前に堂々と振る舞える自信など、あるはずもなかった。
いや、誰に対しても、堂々と振る舞える自信など持ち合わせていないのが彼なのだが。









ミッドタウン・ノース 10:50 p.m.


それから2時間ほどが過ぎ、ジェニーの兄夫婦と別れた後、ポールはジェニーと仕事場であるカフェに向かって歩き始めていた。店の前に停めてあるポールのヴェスパを取りに戻るためだ。
ジェニーは大好きな兄夫婦のことを嬉しそうにあれこれと話している。それを聞きながら並んで歩いていると、ポールの停めたヴェスパが街灯に照らされているのが見え始めた。

「良かった。ジェフもルーシーもあなたのこと気に入ってくれたみたい」
「そう?」
「ええ、もちろんよ。きっとすぐにママに報告が行っちゃうわね。ルーシーったらお喋りさんなんだもの」
「Oh」
「ああでもママったら、どうして私も誘ってくれなかったの!なんて拗ねちゃうかもね。ふふっ、うちのママ、時々ちょっと子供みたいなところがあるから―――」
「―――Whoa whoa whoa , Wait a minute」
「Wha ?」

ジェニーの言葉を聞き、ポールが歩みを止めた。

「誘う……ってどういうこと?まさか……偶然じゃなかったの?」
「何のこと?」
「今夜のことさ。もしかして、彼らに会うように仕組んでたの?偶然のフリして?」
「……」

ようやく納得がいった。ジェニーの兄夫婦と握手をした時に、違和感のようなものを感じた、その理由を。
ジェフもルーシーも偶然に驚いたような顔をしていたが、どこか不自然な笑みを浮かべていたし、ルーシーとジェニーの、女同士のアイコンタクトが何となく心に引っかかっていたのだ。

「ジェニー?」
「偶然よ。決まってるじゃない」
「本当に?」
「なぜ私がそんなことする必要が?」

ジェニーは彼から瞳を逸らし、少し気まずそうな顔で下を向いた。

「Come on Jenny , 嘘つかないで。本当のこと言ってくれよ」
「―――嘘つかないで!?あなたがそれを言うわけ!?」
「!」
「あなたこそ本当のことを言ったらどう?具合が悪いだなんて嘘ついて私を追い返して、ベティとコソコソ遊んでたって」
「……What ?」
「知らないとでも思った?本当にびっくりよ。あなたでもあんなことするのね」
「……嘘はついてない。彼女とは偶然会っただけだよ」
「『偶然』ね。Hah」

そんなの信じられない、とでも言いたそうに、ジェニーが軽く鼻を鳴らした。
本当に嘘はついていない。しかし、そう口にしたことで、それが結局は『嘘』になってしまったと自覚してしまう感覚を覚え、彼は心の中で舌打ちしたい思いに苛まれた。
あの時は、本当に具合が悪くて帰ろうとした。だからあの時ジェニーに嘘はついていない。
けれど、自分の本当の気持ちに対しては?誰よりも自分自身に嘘をついているというのに。それはつまり、ジェニーに対しても嘘をついていることに他ならないではないか。

「―――Ok , ポール。認めるわ。彼らがあの店にいるのを知っててあなたを連れて行った。だけど信じて。騙すつもりはなかったの」
「Oh , God……」
「だけど普通に誘ってオーケーした?しないわよね?あなたは最近忙しい、疲れてるって私を避けてばっかりで、ろくに話もしてくれない。私たち、最近デートらしいデートもしてないし、最後にセックスしたのだっていつだった?」
「……僕だけの問題?この前デートに友達を呼んだのは君だよね?」
「彼らがあなたに会いたがったからよ。今日だってそう」
「彼らを優先したってこと?僕の気持ちはどうでもいいの?疲れてるのに、初対面の人間とずっと笑って話してなきゃいけない、その時間が僕にとってどれだけ苦痛か解らない?」
「じゃあ私の気持ちは?私に隠れて他の女の子と会ってた、それを知った私の気持ちが解る?」
「やましいことは何もしてないよ」
「そんな問題じゃない!何も解ってない!」
「じゃあ何?何が問題なの?」
「それは……」

ジェニーは口ごもり、彼から視線を外して俯いた。

「……相手が彼女だったからよ」
「? ベティのこと?」

ベティの名前を口にするだけで、心がひび割れてしまいそうになる。きっとそれは、ジェニーにとっても同じことだ。ただし、彼は、それを知らない。

「彼女は………ただの友達だよ」

彼は自分に言い聞かせるように、そう呟いた。
自分の言葉に自分で傷つくのは、これが初めてではなかった。けれど、『ただの友達』という言葉が、こんなにも胸を抉る言葉だったなんて。

「ただの友達?じゃあなぜいつも彼女を目で追うの?」
「!」
「私をあんな目で見てくれたこと、あった?」
「……」
「……私のこと、もう好きじゃないの?」
「……好きだよ」

―――でも、愛してはいない。

「Oh my God……」

彼の瞳の色から察したのか、ジェニーは口元を手で覆い、瞳から頬に流れ落ちる涙を彼に見せつけた。
『ねえジェニー、泣かないでくれよ。僕が悪かった。強く言い過ぎたよ』―――いつものように、彼のこんな言葉を引き出すために、無意識に。
それなのに。
今夜の彼からは、その言葉を引き出すことは出来なかった。

「……I can’t do this anymore」
「……What ?」
「もうこれ以上、自分に嘘はつけないよ。もう君とは……やっていけない」
「! No , Noo ! Oh my God……oh my God ! 」

『もう無理だよ、ジェニー』―――彼の言葉に彼女は泣き崩れた。

「きみのせいじゃない、ジェニー。僕が悪いんだ」

『It’s not you. It’s me』―――過去に何度か言われて傷付いた言葉を、自分が口にしていることが信じられなかった。
けれど他に何を言えば良かったのだろう。だって悪いのは、間違いなく僕のほうだ。
ごめんよ、ジェニー。そう何度も言いながら、彼も泣いた。
頬を伝うそれは、もしかしたら、いつの間にか降り出していた、雨の粒のせいだったのかもしれないけれど。













チェルシー 9:45 p.m.


―――「で?まだミシェルと繋がんない?」
「わざと電源切ってるのよ。今日も彼の家に泊まってくるつもりだな、ありゃ」
「まあ、彼が幸せならそれでいいじゃない」
「だけどどうするのよ、これ」
「私はもう無理。あとコーヒーしか入んない」

3人分、いや、それ以上のボリュームの料理やデザートが、テーブルの上に所狭しと並んでいる。
その日の夜は、3人でゆっくり話しながら夜食を食べようと、前もって計画を立てていたのだ。
昨夜のクリフォード家のパーティーの帰り道、ミゲルと並んでキャブまで歩くミシェルに『じゃあ明日ね』と声をかけていたのに、今日になってみれば、彼と一切連絡が取れないのだった。
ああ、苦しい、と言いながら、ベティが椅子にもたれるようにしてお腹を突き出し、『ふーっ!』っと大きく息を吐き出す。
もう動けないからコーヒーはあんたが淹れて。そういうアピールだ。
仕方なくラムカがコーヒーを淹れるために立ち上がった。ミシェルはいつも比較的高価なコーヒー豆を買っているので、それを期待して、勝手知ったるピノトー家のキッチンキャビネットを開けたのだが、そこにあったのはどういうわけか、どこのマーケットにも置いてある廉価品のコーヒーの粉だった。

「これ補充したのあんたでしょ」
「へへ、バレた」
「目の前にもっと美味しいコーヒー売ってるカフェがあるのに」
「給料前だったんだもん。言っとくけど、あんたんちで飲むコーヒーよりはずっと美味しいから」
「それ言わないで」

軽口を叩き合い、出来上がったコーヒーを飲みながら、彼女たちはたわいもない話を続けた。
ふと、手元のコーヒーを見て、ラムカが思い出したように声を上げる。

「そう言えば―――」
「―――ん?」
「……ううん、何でもない」
「何よ」
「ほんとに何でもないの。そう言えばうちのコーヒー、あとどれくらい残ってたかなーって思っただけだから」
「うんっと残っててもさ、もっとマシなやつに買い替えなよ」
「うるさい」

軽く笑いながら淹れたばかりのコーヒーを再び口にする。
本当は、泊めてくれた朝に、ショーンが淹れてくれたコーヒーを思い出したのだ。
彼もミシェルに負けないくらいに、質の良い、美味しいコーヒーを選ぶ人間だと知った。
あれ以来、コーヒーを飲むたびに、彼の部屋で過ごしたあの朝を思い出して、何故だか胸のどこかがちくちくとしてしまう。
もちろんそんなことはベティに言えなかったから、適当に言葉を濁して、たわいもない会話を続けたのだったが。


そんなふうにとりとめもなく女同士の話に花を咲かせていると、がちゃり、と玄関のドアが開く音が聞こえた。
ミシェルが帰宅したのだ。

「お、帰ってきた!」
「Hi , ミシェ―――」
「―――独りにして!」
「Wha ?」
「ちょ!ミシェル!」

帰宅早々、挨拶もなしに、ミシェルは逃げるように自室へと姿を消した。まるで旋風のようだった。

「なに今の、Flash* ?」
「ね……まさかミゲルと何かあったんじゃ!?」
「うそ!大変!」

ベティとラムカは急いで立ち上がると、ミシェルの部屋へと走った。2人してドアに耳を当て、中の様子を窺ってみる。
しかし、ため息のようなものしか聞こえてこない。これでは判断の仕様がない。ベティは恐る恐る彼の部屋のドアをノックした。

「Michel ? Are you alright ? 」
「……」
「開けるよ?」
「Non」

ミシェルの返事を無視して扉を開く。彼はベッドにうつ伏せになり、枕に顔を埋めている。泣いているようだった。

「Oh my god ! どうしたっていうの?私の天使ちゃん」
「ミシェル!」

ベティとラムカは彼のベッドに腰を下ろし、彼を慰めようと、彼の髪を撫でたり、背中を撫でたりして様子を覗った。
が、ミシェルからの反応はない。彼女たちは不安げにお互いの顔を見つめ、心配そうな顔で再びミシェルへと視線を落とした。

「ね、ミシェル。彼と何かあった?」
「……」
「Honey ?何とか言って」
「………違うんだ」
「違う?何が」
「For God’s sake (まったくもう), 余韻に浸ってるのに!邪魔しないで」
「なんだ、そういうこと」
「何なに?何の余韻?ちょっと!詳しく話しなさいよ」
「聞くだけ野暮じゃない?」
「だって夕食の約束すっぽかしたんだからね。言わないと許さないよ」

God―――それすっかり忘れてた、というニュアンスの声を上げ、ミシェルはうつ伏せていた状態から、天井を見上げるようにと体勢を変えた。

「やだ!ホントに泣いてたの?」
「え?悲しいの?どっちなの?」
「はぁ……彼のこと好きすぎて辛い。死にそう」
「Aww……」
「ねえやっぱり聞いて!僕史上、最高に幸せな一日だったんだ。はぁぁ……まだ胸がきゅんきゅん痛いよ。きっとあちこち穴が開いてる。きっとこのまま死んじゃうんだよ」
「何?プロポーズでもされちゃった!?」
「Whoa !」
「まさか」

はーっと大きく息を吐き、ミシェルは目じりの涙を拭ってベティの顔を見返した。

「やっと彼がはっきりと気持ちを示してくれたんだ。初めて彼が愛を与えてくれたんだよ!ねえ解る?これって大きな大きな一歩だよ。僕たち、やっと同じステージに立てたんだ」
「そうなの!?良かったじゃない!」
「Ok , fine , でもそれがあんた史上いちばん幸せなこと?」
「なんで?」
「もーっと凄いことかと思っちゃったじゃん」
「解ってないなあ。いい?彼はゲイじゃなかったんだよ?ずっと女と寝てたんだ。そんな彼が僕とのことを決心してくれたのに、これ以上幸せなことってある?」
「! 知ってたんだ……」
「Wha ?」
「いや、彼が女と……ほら……」
「知ってるよ、もちろん。女と一緒に帰ってきてセックスしてたし」
「えっ、見たの?それとも―――」
「―――まさかのスリーサム(3P)!?」
「Non !」

もう!この素晴らしい一日をスリーサムなんて言葉で穢さないで!―――そう言ってミシェルは両手で顔を覆った。

「ごめん、ごめん。でもさあんたも今言ったよ?」
「Shut up !」
「Hey ! そんなことより、幸せの分けっこよ!」
「Oh !」

ラムカとベティは、ミシェルの両側にそれぞれ横たわると、げらげらと笑いながらぎゅっと彼に抱き付くのだった。


3人のうちの誰かが幸せに溢れている時、或いは不幸で悲しんでいる時、彼らはいつもそうやって、3人で分け合うのだ。
いずれ彼らは知ることになるだろう。この時分け合った幸せのかけらの、その行く末を。










関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。