「Magnet36」更新しました



大変長らくお待たせをいたしました。
ようやく36話のお披露目でございます。


いや、長いことお待たせしてしまった割に「え、こんだけ?」だし、「え、何だかすげーテケトー」だし、もういっそのことこのまま雲隠れしてトンズラしたほうがいいんじゃないかと本気で考えたりもしたんですがね。
それではミゲルファンでもある辣腕編集員Sさまの逆鱗に触れてしまう!と思いましてw(半嘘)
いあ、もう本当に今回は超がつくほどの難産でしてね。
結果、ミゲルさんだけが大活躍するエピソードになっちまいましたよ。
ま、作者も現在ミゲルさん萌えだからいいんですけどねw
(いや良くない良くない、キャラは公平に扱って下さいよNORAさんや)
しかし本当に超超テケトーなやっつけ仕事だわー。
余りにもいい加減すぎて、自分でももうお直しする気すら起きないっていう。
ま、パーティーの内容そのものを描きたかったわけではないのでお許しくだせえまし。
パーティーに連れて来られたミゲルさんのあれやこれや、が書きたかっただけなんでw


ところでタイトルの「光と影」ってのは、お察しかもしれませんが、フィリップさんとミゲルさんの関係性を暗に示してますが、最後、ナディアさんのお部屋でゆらゆらと揺れていたキャンドルが作り出す「光と影」のことでもある、という、ダブルミーニングだったりします。
この親子関係の「影」の部分のことも示唆していたりしますが。
でも気付けばミゲルが「影の主役」になりつつあるしw、なかなかドンピシャのタイトルになったんでね?と自画じーさんになってみる。

そしてようやくミゲルがフィリップの部下というか、右腕のような存在だということが前回明かされたわけですが、ここで種明かし的なものを。
彼の立場と言うか存在は表向きは秘書扱いだけども、実際やってる仕事というのは、隠密にこそこそとライバル会社の動向を探ったり、ゆすれるネタ 交渉の切り札になる黒い事例を集めたり、時にはフィクサーのような仕事もこなす、という、決して表には出れない若干黒いお仕事がメインだったり。
そしてミゲルさん、こう見えて(?)なかなかのオイタをしてきたお方みたいねー。
ヴァレリーさんが執拗に彼を蹴落とそうとしたのには、実は個人的な恨みがあってのことのようですし。彼女は「恨んでない」なんて言ってますけど、仕返ししたかったのね。

あと、フィリップさんとミゲルさんとの会話。
ほんっとお恥ずかしいですが、「超超テケトー」で、捏造もいいとこ!
大体彼らがやってる仕事自体、さっぱり解ってません。作者のくせにw
中西部のシェアが一気に上がる?はあ?何のシェアだよ??って思いながら書いてたって言うね。
ただ何となくお仕事の話させたかっただけなの、見逃してね(はーと)


そしてレイ君やラムカちゃんの弟君のバディの件。
実は何を隠そう、ワタクシの家人にも、子供時代にラムカちゃんの弟君みたいな緑色の友達が存在していたそうなw
「コイツやっぱり頭おかしいんか」と冷めた目で見ちゃったこともありましたけどw、本人は至ってピュアで大真面目。
レイ君のバディはどうやらクリーチャー系ではなく、人間の子供らしいですけどね。
本宅ご存知の方には誰なのかもうバレバレですけどねw


最後のナディアとミゲルのシーン。ここの部分を出すべきかとても悩みました。
と言うのも、この場面はもう少し先に引っ張りたかったんですよね。
でもよくよく考えてみたら、ここで出したほうが自然かも、と思いまして。
夜の祈り、という言葉でお察しでしょうが、彼女は敬虔なクリスチャンという設定。
それを考えると、どうして息子と疎遠になったのか、ってその理由が何となく解ったような解らないような感じかもしれませんw
まあそこらへんの理由はこの先明かされることになると思います。

しかし、今回ミゲルにーさんのためにあったような話だなー。
彼の謎については、大体のところはこれで明かされたと思いますが、一番肝心で一番大切な、最大の謎の解明がまだ残ってます。
そちらは既に執筆済みなので、あとはタイミングを見て出すだけなんですけどね。
まあ話の流れ的にはもう少し先になりそうですが、楽しみに待ってて下さいね。

……ってそればっかりだよねw
前回から4か月と半月ほど間が空いてしまいましたが、次回は出来るだけ早くお出しできるように何とか頑張ります。
あともうちょっと!あともうちょっと頑張れば、ああなってこうなって、あの人がこうなっちゃってこの人がああなっちゃう、ってもごもごもご……



Category: Notes

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する